残月

意味のないことを形にするのも面白い

焼き印自作 その3 ほぼ完成

制作中の焼印

細かな修正を加えつつ

なんとなくかっこになってきた

・・・と思う

 

ついでに直径2センチの円中にウサギとカタツムリを追加

材料費節約のために両面を使いウサギとカタツムリを彫る

 

彫る

彫る

ひたすら彫る

f:id:kamui2072:20170325112145j:plain

木に焼き印を押してるだけでは感じがつかめないので

ホットケーキもどきを作ってもらい使ってみた

素人が作った割にいはいいじゃないかと自画自賛

f:id:kamui2072:20170325112102j:plain

が、こんなに真っ黒に焼き印をしないで薄茶色にならなきゃだめだといわれ凹む

 

いい感じの色になっているのもあるけど、言われてみれば真っ黒の部分は苦そうである

 

頑張ったんだがねえ

 

作るのも大変だが焼印の温度管理も難しいということに気がついた

 

まだ少し材料があるのでもうちょっとつくってみようかな

 

 

神銅商店 真鍮円柱 10t×20φ
 

 

 

15ミリぐらい幅があったほうが彫るのは楽かもしれない

 

焼印(焼きごて)自作

焼き印制作 その2である

今度は長さ10センチ×幅1センチ×高さ1センチの四角の棒を使ってみた

f:id:kamui2072:20170318233137j:plain

下絵を描いてから裏に穴をあけネジを切る

f:id:kamui2072:20170318233143j:plain

ある程度彫り進んだところで予定の大きさにカット

f:id:kamui2072:20170318231830j:plain

 

さらに彫る

ひたすら彫る

 

f:id:kamui2072:20170318232628j:plain

 

ほぼ出来上がり

もうちょっと修正が必要

 

f:id:kamui2072:20170318231848j:plain

面白いので是非制作をお勧めしたい

 

自分が買ったのはだいぶ昔だけど

プロクソンっていうメーカーのルーターが使いやすい

同じものを使っています・・・・今も売っていたのには感動である

 

ドリルで穴をあけた後にネジを

切るのはこれである

 

まったくの自己流でやっているので突っ込みどころ満載だとおもうけど

ゆるしてね

 

エッチングして下絵を作るのはめんどくさいので今回はやっていません

まだ春は遠い

南の方からは春の便りがちらほらと届く季節

ここでも平野部の雪は消えたものの朝晩は寒い

さっきまでアラレが降っていた

f:id:kamui2072:20170316102259j:plain

出勤途中のコーヒータイムに見かけた一コマ

チョウゲンボウ

春だのう・・・・

 

先週、去年通った森林へ行ってみたけど

まだ1メートル以上の積雪でした

 

もうしばらく焼き印作りが続きそう

 

焼印ができました(焼き印)自作

鉄は硬くて大変すぎた

保留中

 

で先日用意した真鍮

 

真鍮の表面をエッチングして軽く浮彫状態にする

左はミニオン 中は鳥獣戯画のカエルとウサギの相撲の絵 右は簡単な顔

 (簡単な顔でも、すごく大変でした)

 

大きいほうが直径三センチ

小さいほうは直径二センチ

 

持ち手つけ

真鍮にネジを切り持ち手に穴をあけて固定

ドリルのサイズを間違えて一瞬青くなったけど

自作の割にはいいじゃなかと自画自賛

 

一日目

f:id:kamui2072:20170310215722j:plain

エッチングしたところを彫り込んで右側の状態

この状態でも木のように表面が固いものにはきちんと焼き跡がつくけど・・・・

パンのような柔らかいものでは彫りこみが浅すぎて絵にならず真っ黒こげ

 

f:id:kamui2072:20170311000151j:plain

 

 何回か試しながらさらに彫り込む

仕事から帰って来てからの一時間ほどしか作業できないのであまりはかどらない

 

三日目

f:id:kamui2072:20170310215623j:plain

ここまで彫り込むと絵がよくわからなくなってくる

ちゃんと絵になるのか不安だったけど

f:id:kamui2072:20170310215614j:plain

できた

 

 

焼き印ができちゃった

 

ここまで彫らなきゃ絵にならなってことは

ミニオン鳥獣戯画はとても彫れないだろう

・・・・文鎮にするか

 

 

しばらくは焼き印つくりで遊べそう

 

工作は楽しいよ